お金の悩み

結婚式を挙げるカップルが激減?ナシ婚を後悔する人の特徴3選

今回は「ナシ婚」について少し踏み込んで解説します。

パートナーは結婚式にあまり積極的ではない様子。

お金に余裕もないし、大人数の前に立つのは苦手・・・。

それでも、本当に結婚式を挙げなくてもよいの?という気持ちも少しある・・・。

そんな方の悩みはこの記事を読めば解決します。

あなた、もしくはパートナーが

貯金も少ないし結婚式は挙げなくていいや
好きなことにお金を使うために節約したい
・人前で話すのは恥ずかしい
・考えることや面倒なことが多そう
仕事も忙しい中で準備にかけられる時間がない

もしも上記のように考えているならば、

是非一読ください。

なお、婚姻の形は人それぞれですので、「ナシ婚」を選択する方を否定する主旨のものではありません。
また、時節柄やむなく「ナシ婚」を選択された方の考え方も尊重します。

「ナシ婚」とは?


この記事におけるナシ婚とは
婚姻届のみを提出して結婚とする形式 を指して説明します。
「ナシ婚」についてよく言われるメリットは以下の通りです。

  • 初期費用が抑えられる
  • 時間に余裕が生まれる
  • 面倒ごとを回避できる

ナシ婚を後悔する人の特徴とは?

結論からお話しすると、

  1. お金がない
  2. 時間がない
  3. 恥ずかしい

3つのいずれかを理由に「ナシ婚」を選択するのであれば後悔する可能性が高いです。

順番に解説していきます。

①「お金がない」は理由にならない

まず、お金に関しては乱暴に言ってしまえばどうとでもなります。

お金を理由に物事を諦めようとする人の多くは

そもそもお金がどれぐらいかかるか」きちんと把握できていません。

知らないこと=怖い と感じるのは、みな同じです。

具体的な金額を知れば、目標金額までの目途が立ちます。

それでも、結婚式を挙げないことで、お金を残そうと考えがちですが、

長い視点で見れば以下のようにとらえることができます。

すこしノ

結婚式を挙げるカップルのほうがお金がたまりやすい

結婚式は、

使える予算と希望の実現のバランスをうまくとりながら、未来をデザインする最初の経験になります。

この経験は、今後夫婦生活を行う上で

「住宅の購入」「転職」「子供の教育費」

あらゆる金銭が絡む場面で活躍します。

「何にどれくらいのお金をかけるか」は「どんな人生にするか」と同義です。

離婚者の8割はナシ婚といわれますが、離婚の原因の一つに金銭面があります。

おそらく多くのカップルにとっては、結婚式に向けた予算を検討していく中で、

お互いの財布事情を初めて知る機会」を得ることになります。

ここをなあなあにしてしまった結果、将来起きるトラブルは想像に難くありません。

その場しのぎの節約に目がくらんだり、

結婚式はコスパが悪いという有名人の言葉を真に受けて判断するのはやめましょう。

ここできちんとお金を使う練習をして、今後の人生に活かすことをお勧めします。

それでも費用を多くかけられないのであれば、式場の割引サイトを活用したり、小規模で行うなどの工夫はできます。

また、自己負担が0円で結婚式を挙げる方法もあります。

②「時間はない」「準備が面倒」は理由にならない。

もしあなたが結婚式を挙げることに興味があるのに対して、パートナーが上記のようなスタンスであれば、今後も相手は「自分の事情・感情」を優先します。

厳しいことを言ってしまえば、

逃げ癖があるパートナーはNGです。

結婚式は確かに大変です。ですが、結婚式の経験は、社会人としての二人も成長させます。

  • 多くの課題とそれをこなすスケジュール管理
  • 式場との交渉や、希望をプランナーにうまく伝えるためのコミュニケーション
  • 招待者の調整や、お礼やホテルの手配

相当に労力を使いますし、週末の打ち合わせや作業には時間も使います。

それでも、

受験、部活、就職活動。

皆さんもどこかで一度どこかで踏ん張った経験はお持ちかと思います。

結婚式を必要な「通過儀礼」として、準備された苦労は買っておくのも一つの考えだと思います。

③「恥ずかしい」は理由にならない


まず、結婚式の会場には、自分に好意を向ける人しかいません。(というかそういう人しか呼ばないでしょう)

有名な言葉ですが、人生で自分のために人が集まってくれる機会は

  • 生まれたとき
  • 結婚式
  • 亡くなるとき

の3回しかないといわれています。

そして自分のために周りの人が集まってくれたことを認識できる唯一の機会が結婚式です。

「恥ずかしい」を理由にみすみす皆から祝福される機会を失うのは本当にもったいないです。

「恥ずかしい」は「うまくやろう」とする気持ちから生まれますが、

そもそも結婚式においては、何もうまくやろうと考えたり取り繕う必要はありません。

多少のぎこちなさや照れも皆が温かい気持ちで迎えてくれます。

それでも、パートナーのうち一方でも大きな抵抗があるならば、式の規模感を見直すことで解決できます。

無理して互いの招待者の人数を合わせる必要はありません。

自分達が心地よい空間を作れるように二人の意見をすり合わせることが重要です。

<例外>「ナシ婚」を選択しても後悔しないためには?

今までに私が見てきた中で「ナシ婚」を選択しても後悔しないカップルの特徴は以下の場合に限られます。

それは、時間やお金に対する価値観の共有が済んでおり、積極的に「ナシ婚」を選択する場合です。

わたしの友人の中には、二人とも大の旅行好きで、新婚旅行を極端に豪華にするために、

1円でもそちらに回すと話す夫婦もいました。

同じ価値観の元、二人が真に納得できるのであれば、「ナシ婚」も素敵な選択でしょう。

反対に、明確な目的なくパートナーの希望で「ナシ婚」した人は必ず後悔しています。

自分たちは結婚式をせず節約できたから、少しぐらい・・・この考えは散財に繋がるからです。

使わなかったお金・時間はすぐに他のものに形として残すか、まとまった金額を貯蓄・投資に回してしまう。

お金のことだけにしても、これぐらいの覚悟がなければ、ただ貴重な経験を失った過去だけが残ります。

まとめ


以上のように

  • お金が無い
  • 時間がない
  • 恥ずかしい

このいずれかの考え方から「ナシ婚」を検討しているのであれば、再考しましょう。

結婚式の準備は、互いの

  • お金・時間に対するスタンス
  • 友人や両親とのかかわり方
  • 人となり(主体性や行動力、実務力、コミュニケーション力)


をよりさらに深く知っていく本当に貴重な機会です。

実は厳しいことを言ってしまえば むしろ結婚「後」のほうが困難があります。

  • 自分が病気・けがになったとき
  • 仕事が大変で疲弊しているとき
  • 子育てに追われて精神的に苦しいとき

今、想像がつかないぐらいたくさんな問題を、その二つの脳みそと体だけですべて解決しなければなりません。

すこしノ

「ナシ婚」では得られない「経験」があることも考えてみよう

この記事が、「ナシ婚」についてもう一度二人で話し合うきっかけになれば幸いです。