その他の悩み

はじめて訪れた方に

はじめまして すこしノ です

結婚の悩みって

  • 深い悩みほど、周りに話せなくてふわっとしてしまう
  • 何か相談したり調べたりすると、
    「その人の体験談」しか得られない
  • 仕事も忙しい中、
    それだけ考えるわけにはいかない

「幸せな悩み」という言葉で片づけられないような割と結構なストレス…感じませんか?

こんなやみ では

・実体験に基づく、悩みの解消に向けた具体的な方法

・すこし先の未来に向けての心構えと準備の仕方

・不安の中でも楽しむための息抜きネタ

などの情報を発信します。

「結婚に向けた時間」も楽しい思い出に

わたしが結婚について悩んだ一番の問題は

「相手の両親に結婚を認めてもらえない」

ことでした

わたしの悩みは相手を巻き込んだものであったため、

妻は結婚に向けた時間をいまでも辛くてしんどかった時期だったと話します

相手の両親の理解が得られないために、
「結婚式の延期」を経験し、プロポーズから式までは2年弱かかっています。

最終的には 無事に結婚して今日に至りますが、

「結婚に向けた時間」をもっと楽しめていたらな という後悔があります

世の中にはいろんな価値観があることを知って・・・

当時の私は、友人だけではなく、

会社の年配の職員・先輩・同期・後輩 と誰これ構わず相談し、

延べ50人以上の人からアドバイスを受け、いろんな価値観があることを知りました。

  • 就職活動並みに自分の価値観や考え方を振り返り、
  • パートナーとの話し合いを重ねに重ね、
  • 関係しそうな書籍やネットの情報を読み漁りました。

その結果、(不名誉なことに)

いつの間にか社内では

「結婚で謎にめちゃくちゃ苦労したやつ」

という位置づけになりました。

そのためか、現在進行形で

30代の婚活中の女性

20代のプロポーズを控えた男性

の2名の同僚の相談に乗っています。

当時に戻れたら・・・

自分も子を持つ親になり、

振り返ってみると悩みの一つであった「相手の両親の気持ち」は多少なりとも理解ができるようになりました

他の全ての悩みに対しても、ならもっとうまくやれるのにと思うことがたくさんあります

単純に「知っていること」が無用な心配を生まないこともあります

逆に「考える必要すらないこと」もあることにも気づきました

こんなやみ では、訪れた方が、

「結婚にむけた時間が楽しい思い出になる」ようすこしのお手伝いしたいと思います

ぜひお付き合いください